Page: 1/54   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
巴マミの平凡な日常 1
評価:
あらたまい
芳文社
¥ 690
(2013-10-12)
コメント:マミさん主人公じゃなかったら、ふつうのアラサー日常エッセイだわww

『巴マミの平凡な日常』1巻 あらたまい・著 芳文社

魔法少女まどか☆マギカに最近になってはまったクチです。

あの、可憐で凛としたマミさんが、アラサー……夢もへったくれもないわ。
けど、生きて大人になったらこんな人生もあったのかなと。
それにしても、アラサーマミさん、酷すぎるよwww
派遣社員でスルメを肴にビール…アラサー独り身……ま、マミさん?!

でも嫌いじゃないです。むしろ好きです。
次巻も楽しみだな〜〜。
★★★★☆
| ブロッコリ | 19:29 | - | - |
いこまん 1巻
評価:
木村いこ
徳間書店
¥ 650
(2013-09-13)
コメント:帯にだまされたわ

『いこまん』1巻 木村いこ・著 徳間書店

その女、食いしん坊につき―

っていうね、帯があったから、てっきり食エッセイ漫画かと思ったんだ。
実際には作者の人の日常生活が中心の内容でした。
食にこだわりアリってことで、たまに食に関する記事もあるけれど
うちはこんな感じですっていう私的なものだったので、
作者について全く知らないファンでもない私には、あまり興味を惹かれませんでした。
あと、突然ホラー描写があるので、怖いの嫌いな人はビビるかも。(私がビビった)
絵や漫画はうまいと思う。

ファンだったら楽しいかもね。
★☆☆☆☆
| ブロッコリ | 19:18 | - | - |
どーにゃつ 1〜2巻
評価:
コザキ ユースケ
スクウェア・エニックス
¥ 560
(2012-08-25)
コメント:だってほら、後ろに骸骨あるよ?

 『どーにゃつ』 1〜2巻 コザキユースケ スクエア・エニックス

スイーツ×ネコ×SF?!

もうね、ひと目見て、買うか悩んで、
やっぱ買ってよかったっす!!

これは、なんと、ざんしーん!
やばい、どーにゃつかわいすぎる。
すぐゲロっちゃうところとか。
かわいいよーどーにゃつ、どーにゃつかわいいよー。
もうアキバのセガで2000円ぶっこんだけど後悔ないよ〜。

2巻目にしてもうすでに、甘味から外れておりますが、
ちっちゃいことは気にしない。

マチュマロの隊歌はファミコンウォーズのメロディで。
★★★★★
| ブロッコリ | 00:43 | - | - |
100分で名著 アラン 幸福論
『100分で名著 アラン 幸福論』 合田正人・著 NHK出版 

えーと、原著は読んでいません。 
難しくて挫折しそう。だが、いつか読まねば。 

自分に新しい考え方が入ってきたのを感じました。
優しい文章で、穏やかに解説されているところに親しみを感じました。
しかし決して容易な内容ではなく、読み進めるのに辛かったところもありました。
特に「礼節」のあたり。

泣くことによってストレスが解消されるのもあるけれど、
笑うと気持ちが軽くなるってことも確かにある。 

★★★★★
| ブロッコリ | 00:37 | - | - |
『オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より』
 『オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より』 幻冬舎 岡田斗司夫 FREEex・著


朝日新聞の土曜朝刊のいちコーナーである「悩みのるつぼ」。
内容は、読者からの人生相談に持ち回りで回答する、というもの。
回答者のひとりであるオタキング岡田斗司夫氏の回答をまとめたもので、
且つ、どのような思考で回答に至ったのかが解説されている。

「部下のツイッターに悩んでいます」を掲載時に読んで、
「同じネットユーザーとして注意する」という回答が非常に印象に残っていた。
着眼点もさることながら、精神論じゃなくて具体的な解決行動を提示しているところが
とても惹かれる。
岡田さんの回答集だけでなく、相談への回答に至ったプロセスが詳しく解説されていて、
さらに、あなたにもこの考え方使えますよ、と提示されている。

誰かの悩みは、他人事ではなくて、大なり小なり自分にも当てはまる節がありますよ、
という考えの下、新聞の向こう側にいる数多の読者への回答となっている。

すごく、面白い。
★★★★★
| ブロッコリ | 23:50 | - | - |
『デンキ街の本屋さん』 1〜3巻
評価:
水あさと
メディアファクトリー
¥ 580
(2011-11-22)
コメント:ひおたんイチオシ

 『デンキ街の本屋さん』 1〜3巻 水あさと・著 

『げんしけん』でも「尻の穴」として登場する某コミック専門店がこれまたモデル。
デンキ街にある書店が舞台の青春ラブコメディ〜。

書店ラブコメですよ!
海雄くんは、先生かのか?!
私としては、ひおたんに行くかと思っていたんだが。
ひおたんカワイイよー、カワイイよーひおたん。(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

ちなみに、この「うまのほね」があるデンキ街のイメージキャラクターはSSD子ちゃん。
★★★★★
| ブロッコリ | 23:39 | - | - |
異性
評価:
角田 光代,穂村 弘
河出書房新社
¥ 1,470
(2012-04-10)
コメント:彼女というのは遥か彼方の女と書く

 『異性』 穂村 弘、角田光代・著 河出書房

ほむほむとかくちゃんの、オトコとオンナ観察交換日誌?

某特務機関の諜報員が言うように、
女性は向こう岸の存在、です。

男と女の間には深くてそれは広い溝があるんです、たぶん。

しかし、この本、本当におもしろいす。
核心をつくっていうか。
恋愛の自己啓発本よりよっぽどモテ指南してますよ。

来年の本屋大賞だ!
★★★★★

| ブロッコリ | 22:46 | - | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Profile

Entry

Category

Search

     

Link

     

Archives

           

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode      

Sponsored Links